facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

織部典成・梶本瑞希(ろう者)W主演にした映画「僕が君の耳になる」をクラウドファンディングで実現!

織部典成・梶本瑞希(ろう者)W主演にした
映画「僕が君の耳になる」応援プロジェクト

忍足亜希子と三浦剛の話を基に描かれる感動ラブストーリー「僕が君の耳になる」の映画化を応援するプロジェクトです。

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額600,000円を達成し、2020年5月29日23:59に終了しました。

コレクター
74
現在までに集まった金額
1,375,000
残り日数
0

FUNDED

このプロジェクトは、目標金額600,000円を達成し、2020年5月29日23:59に終了しました。

Presenter
テンダープロ プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

純平とろう者の美咲の実話を基に描かれる感動ラブストーリー「僕が君の耳になる」の映画化を応援するプロジェクトです。 本映画の制作は ・「わたしの人生(みち)」和田秀樹監督作品 2013年 モナコ国際映画祭4冠受賞 ・「笑顔の向こうに」榎本次郎監作品 2018年モナコ国際映画祭グランプリ受賞 などを製作した実績がある、テンダープロが制作しています。

  • 東京都
  • 起案数 1
  • 応援数 0
  • Twitter (未設定)
  • フォロワー 0 人

このプロジェクトについて

忍足亜希子と三浦剛の話を基に描かれる感動ラブストーリー「僕が君の耳になる」の映画化を応援するプロジェクトです。

《100%到達のお礼》

4月24日からスタートした『織部典成・梶本瑞希(ろう者)W主演にした 映画「僕が君の耳になる」応援プロジェクト』は、多くの方のご支援を受け、5月9日に100%に到達しました。

誠にありがとうございます。

本来必要である予算にはまだ遠く、本映画を通して伝えたいろう者に対しての理解を広める為にもより多くの予算が必要となります。

200%を達成しましたら

感謝とお礼の気持ちを特典として、ここでしか手に入らない【限定待ち受け画像】をご支援頂いた皆様にお送り致します。

度重なるお願いではございますが、引き続き応援いただけますと嬉しいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

はじめに

本プロジェクトにご興味を持っていただき誠にありがとうございます。
映画「僕が君の耳になる」製作委員会です。
本映画は、忍足亜希子と三浦剛の話を基に描かれる感動ラブストーリーを映画化し、ろう者を取り上げ、世に広めることで、なるべく多くの方に見ていただき、ろう者に対しての理解が広まっていけばという想いで制作いたします。

この作品を映画化すると決まった時、梶本瑞希が浮かびオファーをお願いしました。
本人も「私でできるのかなと?」不安げでしたが、トレーニングしたら大丈夫だからと製作側で説得し出演決定しました。

本映画はテンダープロが製作を進めています。

過去には「わたしの人生(みち)」和田秀樹監督作品 2013年 モナコ国際映画祭4冠受賞
「笑顔の向こうに」榎本次郎監作品 2018年モナコ国際映画祭グランプリ受賞
などを製作した実績があります。

あらすじ

実話を基に描かれる感動ラブストーリー。
「障害を乗り越えてこそ、本当の愛が生まれる」
大学に通う純平と美咲。パッと見は、ごく普通の若い2人だったが・・・美咲は、耳がきこえないろう者であった。
純平が路上で歌うとこから2人は出会い、障がい者の世界を知ることになる。
同じ時間を過ごすことにより、純平は美咲に惹かれていき・・・それが恋になった。
しかし、この障害の壁はとても厚く高い・・・純平が知らない、ろう者の世界。
そして、知ることに・・・
ただの切なく、儚いラブストーリーではなく最後には、誰しも心の中に生まれるものがあるはずです。

スタッフ

製作総指揮 瀬古口精良
製作 TM JAPAN/テンダープロ/フィルムクラフト
脚本:川﨑龍太 
監督:榎本次郎 
手話指導:三浦剛・忍足亜希子
エグゼクティブプロデューサー:井内徳次
プロデューサー:中川健
助監督:岡秀樹 
ラインプロデューサー:石川二郎 衣装 佐藤友美
編集:金子尚樹
音楽:フジパシフィックミュージック
配給:テンダープロ
協力:アイトス / デュープレックス・ギャザリング

監督:榎本次郎

株式会社Zero-Ten代表取締役。
1978年生まれ、福岡県出身。早稲田大学理工学部入学後、2002年ニューヨーク工科大学へ編入し卒業。
米国で映像制作に携わる。
11年に映像やイベント企画運営・制作等を行う株式会社Zero-Tenを立ち上げ、現職。
18年初長編映画監督作品がモナコ国際映画祭にてグランプリを受賞。

キャスト

織部典成

2000年8月18日生まれ。19歳。大阪府出身。
劇団番町ボーイズ☆・ダンスヴォーカルユニット「銀河団」のメンバー

【主な出演】
TOKYO MX「ひるキュン」お天気お兄さん(2018年10月~2019年3月)
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」山口忠役

梶本瑞希(かじもとみずき)

2002年4月22日生まれ
重度先天性感音性難聴3歳(〜現在)より兄の影響でダンスを始める。

アジア太平洋障害者芸術祭

TRUE COLOURS FESTIVAL 2018 出演

忍足亜希子(Akiko Oshidari)

生年月日:1970 年6 月10 日
出身地:北海道千歳市
趣味:映画・舞台鑑賞イラストを描くこと
特技:ハワイアンキルト(出展経験有)・日本手話・国際手話
資格:普通自動車免許・スキューバダイビング

・その他出演者
岡田結実 / 三浦剛 / 松井健太 / 三浦大輝(TEAM ZENRYOKU)/  小松みゆき / 岡元あつこ /
ミセス・ヒロコ / 悠綺 / 円谷優希 / 濱田英里 / 寺田光 / 阿部祐二 / 森口瑤子

スケジュール

製作スケジュールとしては、現状で以下のように想定しております。

2020年
【4月末】 クラウドファンディングスタート
【7月末】 撮影開始

コロナウイルスの影響を受けまして上記より遅くなる可能性がございます。
予めご了承ください。

本映画を通して

製作側が全くと言っていいほど、ろう者が観れるように映画を創っていないのが現状です。
今作品はろう者が主役になり耳が聴こえない方にも映画に参加出来る事を世界に向けて発信するために企画いたしました。
一人でも多くの方に観ていただきたく1館でも多く劇場を開けたく皆様のご理解、ご支援を賜りたく存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

リターン(特典)について

・運営からのお礼のメッセージ
映画制作スタッフからお礼のメールをお送りいたします。

・コレクター限定の活動報告を閲覧
賛同者限定で閲覧出来る活動報告をご覧いただけます。

・オフショット映像データ
撮影本編で使用されなかったオフショットをまとめた映像をデータにてお送りいたします。
※ダウンロードはPCのみとなります。スマートフォンの方はストリーミング視聴となりますので予めご了承ください。

・オフショット写真データ
撮影本編で使用されなかったオフショットをまとめた写真をデータにてお送りいたします。
※ダウンロードはPCのみとなります。スマートフォンの方はストリーミング視聴となりますので予めご了承ください。

・映画パンフレットにクレジット記載
制作する映画パンフレットにあなたのお名前を記載致します。
※記載するお名前は購入の際に入力出来ます。

・エンドロールにクレジット記載
映画にあなたのお名前を記載致します。
※記載するお名前は購入の際に入力出来ます。

・出演者からのお手紙(限定10名)
出演者3名(織部・梶本・忍足)の中から1名のお手紙をお届けいたします。
※購入の際に、3名から希望の方をお選びいただけます。

・出演者からのムービーメッセージ(限定10名)
出演者3名(織部・梶本・忍足)の中から1名のムービーメッセージをお届けいたします。
※購入の際に、3名から希望の方をお選びいただけます。
※希望する役者によって、字幕でのお届けとなる場合がございますので予めご了承ください。

・撮影現場で使用した台本(限定3名)
実際に撮影で使用した台本をお送りいたします。

想定されるリスクとチャレンジ

映像作品はお金をかければかけるほど、いい作品が出来ます。
したがって、たくさんお金が集まれば、同じ長さの同じストーリーでも、それだけ出来の良い作品になりますし、逆に言えば、予算が足りないと、なんとか完成させることはできても、本来想定して作品と少し異なる部分が出てしまう可能性があります。
特に本作品は既に原作のミュージックビデオがあり、それを基に制作をしていますので、予算次第で作品のクオリティが決まると言えるでしょう。
また、今回主役に抜擢した梶本瑞希はろう者であり演技のしやすい環境を用意する必要があります。
今回のファンディングでは本来制作に必要な費用の一部分を補填する形をとりたいと考えています。
もし、今回のファンディングで集まったお金が想定されている予算に届かなかった場合でも、映画を完成させるつもりではあります。ですが逆に、少しでも予算以上に応援が集まれば、本来制作したい想定している内容に近づきます。
皆様の1人1人の応援が主演の2人が演技をしやすい環境を作ることになります。なにとぞ、1人でも多くの方のご支援をお願いいたします。

出演者からのメッセージ

織部典成

皆さんこんにちは。織部典成です。

今回、映画 「僕が君の耳になる」に山岸純平役で出演させて頂きます。

映画のテーマの1つでもある「音のある世界、音のない世界」

僕は音のない世界を知らないけれど、台本を読み、愛という偉大なパワーで、今まで知らなかった音のない世界に向き合っていく純平に共感し、僕自身も1歩でも近づきたい、と強く思いました。

織部典成として、山岸純平として、本気で向き合っていきたいと思います。

この2つの世界が交わることができるように、今自分が出来ることを精一杯やって撮影に挑みたいと思います。

この映画を通して見終わった後に皆様の中に何か1つでも心に響くものがあったらいいなと思います。

皆さんのご協力、応援よろしくお願いします!

たくさんの方にこの作品が届きますように。

梶本瑞希

私は『耳が聴こえない世界の事は、聴こえる世界の人には分からないと思う。』と、ある人に話した事があります。
『そう感じるかもしれないけど、本当に世界はひとつなんだよ。』と言われました

現実はそうじゃないという気持ちもありました。
別物だと感じている方々もたくさんいると思いました。
でも、何だか嬉しかったです。そうであって欲しいと思いました。

この映画のテーマのひとつが『音のある世界、ない世界』であると思います。

別々の世界がスタートです。
ゴールはそうでないと思っています。

日々過ごしていると、自分は別世界の人間なんだと感じる事があります。人と少し違うからかもしれません。障がい者という名前が付いているからかもしれません。
単に思春期だからかもしれません。

性別、人種、国籍、宗教、年齢にこだわらず世界はひとつであって欲しいと思います。

この作品を通じて、私たちの間にきっとある何か見えない壁が薄くなったり、低くなったり、無くなったり、聴覚障がいについて何か知って頂けたり、素敵な気持ちになって頂けたら嬉しいです。

自分自身の見えない壁に向かうチャンスを与えて頂けた事にも感謝しています。
ありがとうございます。

森口瑤子

僕が君の耳になる

美咲の母 福原明子を演じさせていただきます、森口瑤子です。
一人でも多くの方達に美咲と純平の恋の物語を応援していただけたら嬉しいです。
私自身も、役を越えたくさんの愛で大切な娘(美咲)の恋を見守って行きたいと思います。
皆さんとスクリーンでお目にかかれる日を楽しみにしております。

忍足亜希子

こんにちは。
忍足亜希子(おしだりあきこ)です。

私は生まれつき耳が聴こえません。

『僕が君の耳になる』の歌を原案に、夫である俳優の三浦剛との実話を基に映画化されること、大変嬉しいです!

「恋すること」「人を大事に想うこと」は自由で聴こえる聴こえないは関係ありません。

「音のない世界」「音のある世界」を行き来している自分の視点から、どちらの世界が存在していても聴こえる、聴こえないとの違いだけで同じ人間であることに変わりはなないのです。

この作品を通して、ろう者と手話のことをたくさんの方々に観ていただき、2つの世界をひとつにお互い歩みよりながらとても素敵な世界をつくれたらいいなと思っています。

忍足亜希子

三浦剛

初めまして、三浦剛と申します。

映画『僕が君の耳になる』

同名曲を原案に三浦剛と妻でろう者女優忍足亜希子の実話のエピソードを加え、映画化される事となりました。

聴こえる世界と聴こえない世界に壁はなく、伝えたい思い、人が人を思う気持ちは同じだと思っています。

この映画を通して、ろう者のこと、手話のことを多くの方に知って頂き、沢山の思いが繋がって欲しいとおもっています。

ご声援、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

小松みゆき

『自粛のなか撮影開始を待ち遠しく思い、家で台本を読みながら過ごしています

早くこの作品が皆さんに観てもらえますように…』

岡田結実

皆さんこんにちは。岡田結実です。
本作品は実話を原作としていて純平と耳の聞こえない美咲を中心に展開されていきます。
様々な壁を乗り越えていく姿はまさに純愛です。

テーマである「音のある世界、音のない世界」2人の世界がどう1つになるのか。
作品を通して何か心に中に残る物があると嬉しいです。

より多くの方々に見て頂き、ひとりでも多くの方にこの作品が届くことを願っています。

松井健太

皆さん初めまして。松井健太です。

「僕が君の耳になる」の応援プロジェクトに興味を持って下さりありがとうございます。

本作品は、実話を基にした

健常者とろう者による純愛ラブストーリーです。

映画を通して障がいという見えそうで見えない壁に愛をテーマに真っ直ぐ向きあいます。

僕自身、映画を通して何か感じ取って頂けるように精一杯演じます。

是非、一緒に映画を作っていきましょう。

三浦大輝

皆さん初めまして!

TEAM ZENRYOKUの三浦大輝です。

「僕が君の耳になる」のミュージックビデオを初めて見た時、僕はとても感動したのを今でも覚えています。

映画「僕が君の耳になる」に携われる事、僕が触れたことのない世界に触れ、感じられる事をとても楽しみにしています。

そしてこの作品を通して、より多くの方にろう者の世界と、それを乗り越え一つにする「愛」と「感動」をお届けできたら大変嬉しく思います。

皆様のご声援よろしくお願いします。

岡元あつこ

皆様お元気ですか?

岡元あつこです。

たくさんの迷いや悩み、苦しみや哀しさ、そして痛みを、全世界の人々が感じざるをえない日々ですが、

それでも一人一人の想いが力になることを信じて誰かを思いやれることこそ、何よりのパワーになると信じています。

愛ある時代にしましょう。

岡元あつこ

寺田光

初めまして!
映画「僕が君の耳になる」に出演させて頂きます、寺田光です。

映画は初挑戦ですが純平の妹役として精一杯頑張ります!

また、この作品に関わらせて頂く以前から手話というものにも興味があったのでこの機会に少し覚えれたら嬉しいです。

手を動かして会話をし、口ではなく手で気持ちを伝えるのは、ある意味ロマンチックだと思います。
とても良い作品なのでぜひ観に来てください!

吉冨さくら

皆さん、こんにちは。吉冨さくらです。

今回、HANDSIGNさんの楽曲が映画化されること、そして、携わることができることを心から嬉しく思います。

テーマのひとつとして「音のある世界、音のない世界」が挙げられていますが、私は両親と姉2人が耳がきこえない家庭で生まれ育ちました。

常に身近に「音のない世界」が存在しているので、私自身はきこえる身でありながら、「音のある世界」との「間」で生きる人間だと受け入れています。そして双方の世界を繋ぐ人間として誇りに思います。

きこえない人の心の奥底にある想いは計り知れません。私にできることは想いに寄り添うことだと思います。

多くの方々へ「音のない世界」について知っていただけるよう、この作品の意味が届くよう、精一杯、取り組んでいきます。
ご協力、応援をどうぞよろしくお願いいたします。
吉富さくら

清水絵夢

皆様、はじめまして。

清水絵夢です。

わたしは物心がついた頃から、障がいと共に生きる方々とのお付き合いが多く、大学では障害児教育を専攻していました。

現在はモデル・タレントのお仕事に夢中になっていますが、その傍ら障がいをもつお子様や保護者様と関わる環境にも身を置き続けています。

主人公美咲の世界、葛藤、喜び、

美咲を取り巻く環境、出会い、支える人々。

それぞれの立場にそれぞれの想いやドラマがあるのだと思っています。

映画出演は初となりますが、

体当たりで精一杯この作品と向き合って行きたいと思います!

皆様、ご支援、ご協力の程宜しくお願い致します!

清水絵夢

もとみち

はじめまして、もとみちです。

僕は「障がい者」という言葉があまり好きではありません。

このように言うと様々な意見があると共に、それぞれ解釈が異なることも承知しております。

母が手話通訳者として仕事をしている関係で幼い頃からろう者の方と接する機会が自分は多かったと思います。

”音のない世界”

自分はこの世界で生きたことがありません。なので気持ちがわかると言えばそれは否定されるかもしれません。
しかし幼い頃から聞こえない人に携わり、ひとつだけ皆さんにお伝えしたい事があります。

聴こえる人がもっと聞こえない人達の文化を理解しようとする気持ち。歩み寄るためには何が必要なのか?
そのひとつに手話があるという事です。

例え手話ができなくても、伝えようとする気持ち、交流しようとする気持ち。歩み寄る気持ち。
これが一番大切です。

この映画「僕が君の耳になる」を通して今よりも耳の聞こえない方達への理解が深まり、現在の当たり前が変化していく事を望んでおります。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

円谷優希

こんにちは。円谷優希です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今、なかなか人と会ったりする事が出来なくて少し孤独を感じたりしてる方もいらっしゃるかと思います。

でも私は、こんな時だからこそ、人は愛で繋がれると信じたいです。

人と人が思いやりを持って、少しずつでも愛を注ぎ合えば、乗り越えられない壁は無いと思っています。

この作品の愛、この作品に携わるスタッフやキャストの愛、そして、この企画に携わって下さった方々の愛がより多くの人に伝わりますように。

円谷優希

ミセス・ヒロコ

私は本当に占い師として活動をしています。

日々占いという仕事を通じて、伝える事のむずかしさを痛感したくさんの方々と出会があります。

その中で、耳がきこえない「ろう者」のお客様もあります。耳がきこえないお客様と耳がきこえ、その相談にのる私。不思議なことに意志そつうが叶い手を私にあわせられ笑顔で帰られます

佇む政界は確かに違うかも知れませんがやはり、つながることができるのだと実感しました。

その折、この作品の話しを伺い、とてつもない興味を持ったのです。

この作品も、ちがう世界に生きているろう者の方達とも、もっともっとつながりたいと思いました。

境遇はちがっても、同じ人として感情を持ち、自分の幸せを願う人間であると伝えたいです。 

リターンを選ぶ

  • 3000

    3000円リターン

    • 運営からのお礼のメッセージ
    • コレクター限定の活動報告を閲覧
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 27人が応援しています。
  • 8000

    8000円リターン

    • 運営からのお礼のメッセージ
    • コレクター限定の活動報告を閲覧
    • オフショット写真データ
    • オフショット映像データ
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 18人が応援しています。
  • 15000

    15000円リターン

    • 運営からのお礼のメッセージ
    • コレクター限定の活動報告を閲覧
    • オフショット映像データ
    • オフショット写真データ
    • 映画パンフレットにクレジット記載
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 8人が応援しています。
  • 30000

    30000円リターン

    • 運営からのお礼のメッセージ
    • コレクター限定の活動報告を閲覧
    • オフショット映像データ
    • オフショット写真データ
    • 映画パンフレットにクレジット記載
    • エンドロールにクレジット記載
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 10人が応援しています。
  • 残り3枚

    50000

    50000円リターン

    • 運営からのお礼のメッセージ
    • コレクター限定の活動報告を閲覧
    • オフショット映像データ
    • オフショット写真データ
    • 映画パンフレットにクレジット記載
    • エンドロールにクレジット記載
    • 出演者からのお手紙
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 残り8枚

    70000

    70000円リターン

    • 運営からのお礼のメッセージ
    • コレクター限定の活動報告を閲覧
    • オフショット映像データ
    • オフショット写真データ
    • 映画パンフレットにクレジット記載
    • エンドロールにクレジット記載
    • 出演者からのムービーメッセージ
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。
  • 残り1枚

    100000

    100000円リターン

    • 運営からのお礼のメッセージ
    • コレクター限定の活動報告を閲覧
    • オフショット映像データ
    • オフショット写真データ
    • 映画パンフレットにクレジット記載
    • エンドロールにクレジット記載
    • 撮影現場で使用した台本
    • 2021年05月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。