facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

フットサル選手・畔柳奨の活動を追ったドキュンタリー映画制作をクラウドファンディングで実現!

フットサル日本代表を目指しながら現役中に起業する男の
ドキュメンタリー映画をつくりたい

引退後の道を現役中に作るのと同時にビジネスを掛け合わせたアスリートとの新たな道を作る未来型アスリートになる!

コレクター
10
現在までに集まった金額
140,000
残り日数
27
目標金額 550,000 円
このプロジェクトでは、目標達成した場合のみ、
2022年12月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 550,000 円
このプロジェクトでは、目標達成した場合のみ、
2022年12月30日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
BI Cinemas プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

PRESENTER
BI Cinemas

夢を一緒に見よう Challenge with Basicincome ベーシックインカム受給者の「葛藤」と「希望」を描くドキュドラマ映画配信会社

このプロジェクトについて

引退後の道を現役中に作るのと同時にビジネスを掛け合わせたアスリートとの新たな道を作る未来型アスリートになる!

▼経歴

プロフットサル選手(タイ)畔柳奨1998年7月2日生まれ

フットサル日本代表を目指しながら現役中に起業し法人化させる

引退後の道を現役中に作るのと同時にビジネスを掛け合わせたアスリートとの新たな道を作る未来型アスリート

活動が成功していけばインフルエンサーとしても確立し、発信力が広がれば自分の作った道を目指す人が増えていくと思ってます

普通な人間や人生にしたくないという思いが強い中で

好きなアーティストの歌詞の中に"他と同じことやりたくないなんて他と同じこと言うなよ"

という言葉が響き

そこから、だったら行動で示してやろうと強く決意し今の道を選びました

結果主義で飽き性なので、早く結果を残せる道、そしてシステム作りが人生のキーポイント

ただ、スイッチが入った時や譲れない目標がある時の継続力には自信がある

▼今までの活動

3歳の頃に兄の影響でサッカーを始める。当初から周りよりも優れていたことに気づいていて、この幼少期にチヤホヤされていたことで、人に見られることや評価されることが好きな人間性が確立されている

中学のチームを決める時

沢山のJリーグのチームにセレクションしたが、ことごとく不合格だった。この時の挫折もあって、自分が輝ける場所を人よりも考えるようになった

そして、中学のチームでは都で強豪とはとても呼べないが、環境の良いチームに入った

下級生の頃から上の学年の試合に出たり3年次にはキャプテンを務めた

そしてサッカーチームではあったものの、フットサルを練習や試合でよく取り組むチームで、2年の時に3年のフットサルによく呼ばれ、東京都で優勝した

この時に自分の輝ける場所の一つとしてフットサルということに気づく

同時に強いある思いが生まれる

高校では全国大会に出たい

今思い返しても、この思いが今までの人生の中で圧倒的に強い思いだった

高校選びの時は、そのまま東京の高校に進学するか、地方に行くか迷ったが

俺の目標は全国大会、選手権に出ること

東京では校数も人数も多いので可能性が低いと考え、地方のチームに行くことを決める

高校は長野県創造学園

僕が中学3年生の頃全国初出場したチーム、そして長野県には強豪校がいないこと、あとJリーグの松本山雅があることから進学を決めた

最後の年3年生

迎えた冬の選手権シーズン、僕はスタメンでいた

番外編にはなるが、ここで僕のつけていた背番号は13番

これには意味がある

2年次にBチームで一緒にやってた先輩がそのまま選手権で一緒にAチームに呼ばれて13番をつけていたからだ

そして2年次の選手権準決勝

僕はベンチ外だったがその先輩は13番をつけて試合に出ていた

そしてゴールを決めた。と思ったら審判の誤審でオフサイドとなりノーゴールになった

これが一定の人の中では幻のゴールと言われてたっけな

そんなこんなで僕は3年次の選手権では13番をつけていた

チームは順調に勝ち上がり迎えた県の決勝

その先輩から連絡が来た

"13番つけて本物のゴールを決めてくれ"と。

この試合、不思議と試合前から勝ちが僕の中では確定していた、そしてゴールを決めれると思っていた。いや、僕がゴールをすることは試合前から決まっていた。

これは僕だけでなくチームと勝てると全員そう思っていた

相手や実力なども少しはあるがそれより、勝てる環境だったからだ。この時はどうしてこの環境が作れていたのかは、俺らは実力があって相手よりも努力をしてきたからだとしか思ってなかったが。プロ選手になってこの文を書いてるいま考えたら。世界のトッププレイヤーはこの環境を毎試合作れるからトップにいるんだなと思った。

試合が始まる

僕は勝ち取った信頼でトップ下でスタメン。チームは開始早々に2点決めて有利に試合を進めた

前半終了間際に唯一2年生スタメンの子(スタメン全員3年)の守備ミスで失点しハーフタイムを迎える

ぶっちゃけこの失点はなんの問題もないと僕は思っていた

この2年生の子はこの時どう思ってたわかんないけど、その後この子は強豪大学に進学し、卒業時には当時J1チームからオファーが来て今はプロサッカー選手として戦ってる

後半に戻る

2-1で迎えた後半

途中で戦術的交代でトップ下から右サイドバックに移った

そして後半も中盤、仲間が左サイドから攻めてゴールエリアに侵入、この時右サイドバックにいた僕は思いっきり走って仲間の打ったシュートがキーパー前にこぼれてそれに反応して僕がゴールを決めた

真っ先に応援席にいた13番の先輩のとこに駆けつけた、めちゃくちゃ嬉しかった

そして何よりこのゴールは右サイドバック、後半の中盤に長い距離を走って決めた3年間が詰まったゴールだった

試合が終わって達成感に満ちた

強く目標にしていた選手権、全国大会出れる

ここからいろんな注目を浴び

心地がよかった

選手権では1回戦はシード

2回戦の相手は優勝候補だった広島皆実。ここでもドラマが生まれた

前半早々に先制され、終始相手にペースを握られていた

後半に入っても状況は変わらず迎えたアディショナルタイム

負けていて相手ペースなのになぜか負ける気がしなかった

県大会の決勝と同じだ

そしてアディショナルタイム3分のうち残りの10秒のタイミングで相手キーパーが痛がって少し時間が伸びた

ボールは相手ゴール付近のスローイン

ここで僕は自主練でロングスローをずっと練習してた選手に指示する。後にその彼は俺に言われた時投げたくなかったと言っていたが。

そしてロングスロー。一度相手に跳ね返されるが帰ってきたボールをクロス、そこで出てきたのが2年生スタメンの子、誰よりも高い打点でヘディングしてゴール。本当にラストワンプレイだった

そのままPK戦にも連れ込み、PKは毎日チームで練習していたので自信しかなかった。自分は2番手でしっかり決め、チームとして歴史的な勝利ベスト16に進出した

大きな達成感に満たされた僕らは次の試合で、0-3と敗れ引退することになった。

高校生活の中で最大の目標だった選手権出場したことにより、達成感に満ちてサッカーをやめることを決断する

ただ一つ思い残しあるとしたらプロになっていないこと

ここで僕の第二章がスタートした。フットサルに競技変更

プロという一つの目標に向けて始まりプロチームのセカンドチームに入団する

プロになるために出来るだけ距離が近いとこにいようと思ったから

ここでは3年間在籍した

競技変更しての戸惑いそして当初はレベルの高い中での環境で様々なことを学べたがトップチームには上がれずやめた

しかしこのトップチーム湘南ベルマーレにはいつかプレーしたいと思っている

このチームに入ると同時に大学にも進学した、大学を選んだ基準は起業したいという昔からの膨大な夢の為マネジメント学部がある大学というだけで進学した、ほとんど学ぶことはなかった

そして大学3年次

チームも3年目を迎え、やめる決断をしたと同時に就活活動が始まった

プロを諦めて就活活動をした

しかし僕が許さなかった。今までもいろんなことを諦めてきたが、選手権に出ることプロになることだけは諦められなかった

僕は決断した。本気でプロをもう一度目指そう

そう決めてから髪の毛を金髪に染めて就職活動ができなくなるようにした、そしてプロとしてできる環境として海外を考えた

知り合いと連絡を取りタイのクラブで日本人がコーチとオーナーをやってると聞き連絡を取った。一本の電話で契約が決まった。"じゃあ1週間後に練習始まるからきてね!"。。。

ん?1週間後?

しかし僕の決断は揺るがなかった。1週間で就活担当の人に頭を下げて、主任に休学届を出してバイト先の店長に頭を下げて、埋まっていた予定も全てキャンセルした

本気で決めたことに対しての自分の行動力には驚いたがこれこそが僕の人生を証明してくれる出来事だった

実際に1週間後にタイにいたし

そして初めて迎えた海外での生活だったが、2ヶ月滞在してVISAが切れて1ヶ月帰国することになった

このタイミングでコロナが来て再入国が難しくなった

そこで僕を迎えくれたのが、この年からスタートした東京ヴェルディフットサルクラブ

そこには元日本代表が監督をしていてチームの中心にも元日本代表がいた。

ここでの2人との出会いは僕のフットサル選手としての価値をとても高くしてくれた

一年プレーをし、すごい成長してくれて、コロナも1年が経った頃タイに戻るチャンスが来た

コロナ状況で本当に大変だったがなんとか戻ることができて

プロ選手としての生活がやっとスタートした

リーグ戦が始まった

ちなみに最初のチームは2部相当のチームだったが僕を受け入れてくれたことはとても感謝してる

本来ならホームandアウェイだがコロナもあって1箇所開催

開催場所は大学でそこにはタイリーグ(タイフットサルのトップリーグ)のチームがあって、2部のリーグ運営はそのチームの監督がしていた

2部リーグで初戦からゴールを決め、他の試合でも結果と実力を示して1年目のプロ生活が終了した。

と思ったら、2部は12月に終わるが、タイリーグは2月まで続くらしくそこで、開催場所の運営をしていたタイリーグの監督から後期レンタルで来てほしいとオファーを貰えた

タイのトップリーグでプレーできるチャンスが来た。

こうしてタイリーグでプレーできることになった

タイ最高峰の舞台で思うように結果は残せなかったが、監督に気に入ってもらえて、2022シーズン正式に完全移籍として加入することになった

現在の活動

タイに来たと同時に

アスリートが学べる日本営業大学(現ABU)というオンラインで学べる場所に起業するために入学

友人とcohabitant203というアパレル設立。現在はサステナブルブランドとしての確立を目指して活動

株式会社LINE公式のLINELIVE専属ライバーとして活動

ECサイト上で古着屋をスタートさせる

アスリートとしてスポンサー活動。現在フットサルブランドでトップのデスポルチと契約

そんな、フットサル日本代表を目標に、タイのトップリーグでプレーしながら、現役中の起業を目指す姿が映し出されるドキュメンタリーを制作します。

▼想定されるリスクとチャレンジ

今回のクラウドファンディングはコンセプトファンディング(All or nothing)での実施となるため、目標金額に達しなかった場合は支援者の方々にご返金となり、映画制作もリターンのお届けも中止となります。

▼金額の内訳

このプロジェクトは、株式会社BasicIncomeが行っている企画の中でのクラウドファンディングとなります。

今回のプロジェクトで集まった支援金を

・映画の出演費28万円
・映画の制作費27万円

に使用し、皆様にプロジェクトが進んでいく様子を配信していきます。

▼プロジェクト実現まで(映画完成〜配信まで)

2022年11月〜2022年12月 クラウドファンディング
↓達成!!
2022年12月〜2023年12月 撮影及び編集
2024年1月〜   映画完成及び配信開始予定

▼ご挨拶

初めまして!

ベーシックインカムシネマズ(bicinemas.com)という動画配信サービスを運営しているBasicIncome代表の池内慶と申します!

▼なぜこのサービスを創ったのか

改めまして、まず、なぜこのサービスを創ったのか、ご説明させてください!

僕はもともと、小学生の頃からサッカーに明け暮れる人生を過ごしておりました。そして高校は兵庫県にある滝川第二高校で寮生活をしてサッカー部に入部することになりました。

https://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2014/match_page/m6.html

高校卒業後に取った行動は、アプリ開発で起業することでした。

しかし、その当時はお金もなく、配達業でバイトをしながらプログラミングの勉強をしていました。週に6日朝6時に起き、7時には職場に向かい、夜9時に帰宅する生活を続けていた自分は、荷台を運びながら荷物を届ける労働と、休みの少なさから、肉体的にも精神的にも健全な状態ではなく、2年ほど働いて貯めた貯金をもとに、仕事を辞めました。

お金と時間、休みも中々ない中、空いた時間を使ってプログラミングの勉強をし、自分の夢を追いかけることはものすごく大変だと経験した僕は、当時の自分のように苦しんでいる人たちが、健全な状態で夢を追いかけられるサービスを創ろうと思い、ベーシックインカムシネマズというサービスの構想を思いつき、今に至ります。

▼最後に

新たな夢追い人である畔柳奨さん、また、ベーシックインカムシネマズのご応援、引き続き何卒よろしくお願い致します。

※本プロジェクトは、畔柳奨がベーシックインカムシネマズに出演し、株式会社BasicIncomeが映像編集・配信等をサポートする共同起案になります。

リターンを選ぶ

  • 5000

    ムービーチケット

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • エンドロールに名前を記入します。(×1)ご希望の方は備考欄にお名前の記入をお願い致します。
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 7人が応援しています。
  • 5000

    畔柳奨をただただ応援!

    • お礼のメールを送らせていただきます!
    • 2023年01月 にお届け予定です。
    • 3人が応援しています。
  • 10000

    畔柳奨のインスタライブでのコラボ権利

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • 畔柳奨のインスタライブでのコラボ権利になります!×1
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 15000

    畔柳奨のオンライン恋愛&人生相談(2時間)

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • 畔柳奨がオンラインで恋愛&人生相談します!(2時間)
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 20000

    畔柳奨とBI代表池内と1人目のBI受給者篠塚康介とオンライン飲み会コース+ムービーチケット

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • 畔柳奨とBI代表の池内、1人目のBI受給者である篠塚康介とオンライン飲み会ができます!(×1)
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    50000

    畔柳奨サイン入りユニフォーム(タイフットサルリーグ2021年シーズン)

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • 畔柳奨サイン入りユニフォーム(タイフットサルリーグ2021年シーズン)×1
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り2枚

    50000

    畔柳奨サイン入りユニフォーム(タイフットサルリーグ2022年シーズン)

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • 畔柳奨サイン入りユニフォーム(タイフットサルリーグ2022年シーズン)×1
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り1枚

    50000

    畔柳奨サイン入りチームバック

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • 畔柳奨サイン入りチームバック×1
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 100000

    ベーシックインカムシネマズ「畔柳奨」スポンサー権利+ムービーチケット

    • 今回のドキュメンタリー映画のオンライン視聴権(×1)です。映画完成後に視聴URLをお送りします。
    • ベーシックインカムシネマズ「畔柳奨」の冒頭に広告を掲載させていただきます(1年間)
    • 2024年01月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。