HIP HOPやJAZZと言った日常のリアルから誕生した音楽が、世代や国境を超えて浸透し、それれぞれが対峙する壁を乗り越え新しい地平を切り開くパワーの源に。そんな挑戦を続けているミュージシャンを追ったドキュメンタリー映画が次々と誕生しています。 老いを物ともしない平均年齢83歳の世界最高齢のダンスグループ「ヒップ・オペレーション」、廃れかけていた伝統にJAZZを加える事で新しい地平を切り開き、世界が注目するグループとなった「サッチャル・ジャズ・アンサンブル」、過酷な環境でも音楽による非暴力の抵抗を続け“今”を生きるパレスチナ人ラップミュージシャン「DAM」。 彼らのエネルギーを是非日本にも直接届けたい。そんなプロジェクトがここにあります。

サッチャル・ジャズ・アンサンブルの初来日公演を!

映画『ソング・オブ・ラホール』の主演は、パキスタンの伝統楽器でジャズをカヴァーし世界へ挑戦したサッチャル・ジャズ・アンサンブル。なんと今回初来日して誰でも見られる無料公演を行います!その卓越した音色を是非ライブで!

パレスチナ史上初の HIP HOPグループ「DAM」のジャパンツアーを!

パレスチナの現在(いま)を音楽で表現し、自分たちを分かつ様々な壁に立ち向かい続ける史上初のパレスチナ人HIP HOPグループ 「DAM」。 映画「自由と壁とヒップホップ」で一躍その活躍のステージが広がった彼らの生のビートを日本各地に届けます。