アヴィニヨン演劇祭でのストリートパフォーマンスから日本の児童演劇の世界を前進させようとしている「世田谷シルク」、タブーや自主規制に囚われず、今描きたい/描くべき物語を表現するト「On7(オンナナ)」、インタラクティブな演劇をマジックを取り入れることで実現する「コノエノ!」。 それぞれの劇団のそれぞれの視点から、今演劇がアップデートされようとしています。

教育と芸術と

世界一大きい演劇祭のひとつであるアヴィニヨン演劇祭。その世界の檜舞台でのストリートパフォーマンスは「世田谷シルク」の世界展開の足掛かりになるだけでなく、児童演劇の最先端をリサーチし日本に持ち帰る重要な機会でもあります。教育と芸術がもっと密接に有機的につながった社会に向けて「世田谷シルク」の挑戦が始まっています!

「今」面白いと思うこと。

新劇5劇団(青年座,文学座,俳優座,演劇集団円,テアトル・エコー)の同世代の女優7人による演劇ユニット「On7(オンナナ)」が、オビー賞受賞『Vagina Monologues』を引っさげ、モラルやタブーが取り巻く現代社会に鋭く切り込みます。愛に満ちた人間達のモノローグ劇を今!