facebook hatenabookmark line motiongallerymagazine next prev top twitter

NEWS - 2016.09.26

「愛や夢、希望を歌っていきたい」 “信頼”で集めたアルバム製作費

シンガーソングライターのはたゆりこさんは今年5月、念願のファーストアルバムをリリースしました。 ​クラウドファンディングでファーストアルバムの製作費を募ることで、より「いいものを作ろう」というモチベーションが沸いたそうです。

シンガーソングライターのはたゆりこさんは今年5月、念願のファーストアルバムをリリースしました。
クラウドファンディングでファーストアルバムの製作費を募ることで、より「いいものを作ろう」というモチベーションが沸いたそうです。

2回のプロジェクトを達成したはたさんに、達成の秘訣や大変だったこと、今後目指している方向性などについてお話をうかがいました。

クラウドファンディングとの出会い

――まず自己紹介を兼ねて、シンガーソングライターになったきっかけを教えていただけますか。

はた:まず単純に歌が好きだったからです。……ただ子供の頃から性格が引っ込み思案で。こういった活動を始めたのも、大学を卒業してからです。就活もしていたのですが、歌手になりたいという想いを断ち切れなくて、諦めをつける意味でオーディションを受けました。まさか自分を選んでいただけるとは思っていませんでしたが、それをきっかけに事務所に所属し、活動を始めました。

――シンガーソングライターの他にもタレントやモデルとしても活動されているんですよね?

はた:はい。フジテレビのめざましテレビ「めざましプレゼント」というコーナーのレギュラーMCを務めたり、今年は東京司法書士会の初代・親善大使に任命していただくなど、タレントやモデルの活動もしています。人前に立つことも、しゃべることも苦手だと思っていましたが、今ではそういったお仕事も楽しくやりがいを感じています。

色々とやらせてもらってますが、関係のないように思える経験も全て繋がっていて、糧になっています。そうやってチャレンジし、成長している姿を通して伝えられることもあると思うのと、きっかけは何であれ、「はたゆりこ」を知ってもらって、楽曲に興味をもってもらえたら嬉しいなと思っています。

――Motion Galleryを知ったきっかけについて教えてください。

はた:確か、たまたまネットで見つけたのがきっかけだと思います。事務所を離れたあと、「祈り」という楽曲でCDデビューをしたのが2013年でした。楽曲をもっと多くの人に広めるため、「祈り」のミュージックビデオを作りたいと考えていたところでクラウドファンディングを知り、Motion Galleryを見つけました。

まずはPV作成から、小規模にファンディング

――2つプロジェクトを達成されていますね。はたさんにとって、それぞれのプロジェクトはどんな意味合いがあったのでしょうか。

はた:2度目のプロジェクトで制作した初アルバムは、「いつか叶えたい」とずっと思っていた夢でした。でも個人で制作費を全て捻出するのは難しいので、クラウドファンディングを利用する必要性を感じていました。ただ、初めてのクラウドファンディングとしては規模が大きすぎるかなという不安もあって。なので、まずは少額からチャレンジしてみようと、1度目のクラウドファンディングはPV制作プロジェクトを立ち上げました。

――なるほど。実際2つのプロジェクトを終えた感想を教えてください。

はた:もちろん作った作品のクオリティが一番大事だけど、制作過程を支援者に報告して制作過程も見ていただくので、お客様に作品の裏側も含めて知っていただけたと思います。感動をお客さんと分かち合えた、というか。

それに、応援してくれる人たちがいるということで「頑張らなきゃ」という気持ちになる。まだ完成していない作品にも関わらず、お金を払って応援してくれるのは、自分に対して期待や信頼をしてくれているということ。その気持ちには絶対に応えたいと思って、大変なことがあっても頑張ることができました。そんなふうに支援者の存在が励みになったし、結果的に、感謝の気持ちが作品に反映されたと思うので良かったです。

――1回目と2回目のファンディングの違いについてはどうですか?

はた:初めてのミュージッビデオ制作プロジェクトの時は、特典などの設定がよく分からなくて、特典をいろいろつけすぎてしまい、肝心のミュージックビデオに費やせるお金が足りなくなってしまいました(笑)。


はたゆりこ「祈り」ミュージックビデオ制作プロジェクトのUPDATE#1「PV撮影風景 part.1」から。シンガー・はたゆりこ初のオリジナル楽曲『祈り』ののミュージックビデオを制作する、一回目のプロジェクトは、目標金額の約2倍となる285,000円の応援が集まりました!

クラウドファンディングの理念というか、そもそも企画など実現したいものがあって、それに対して寄附的な意味合いもある、というところを理解できていなかったんだと思います。「出してもらった金額分返さなきゃ」と思ってしまって。

でもこれで様子が分かったので、2回目は一番の目的である初アルバムの制作に集中できました。1回目の経験を踏まえて、適切なリターンも設定できたと思います。例えば、アルバムのライナーノーツに名前を載せるなどの特典を設けました。

そのため1回目と比較すると、 2回目は支援額に対してグッズが少なかったにも関わらず、かなりの額を応援していただきました。人数も倍以上でしたし「前回のミュージックビデオが良かったから今回も」という方がいて嬉しかったです。

完成した「祈り」のミュージックビデオはこちら!第二回目のクラウドファンディング・アルバム制作にもつながるこのミュージックビデオは、まさに46名のコレクターの方の応援が形となった作品です。

――達成のために、がんばったのはどんなところでしょうか。

はた:ツイッター、FB、ブログなどで告知をしました。でも、誰でもタイトルを見て告知だと分かると、毎回じっくりは読まないですよね。具体的に支援につながったのはいつも応援して下さる方やリピーターの方でした。

新しく応援して下さった方は、 ライブやイベントなどでチラシを渡した方とか。PVをYoutubeで見て気に入ったことがきっかけで支援してくださった方も少なくなかったです。「PVからリンクを辿っていったら2回目のクラファンみつけてまた応援しました」って。嬉しかったです。


2回目のプロジェクトとなる、はたゆりこ初アルバムリリース制作プロジェクトのUPDATE#59「レコーディングでした!」から。97人のコレクターから1,088,800円もの応援が集まり制作された新アルバム「Grateful Days」は、第1回目と比べても大幅に応援が伸びたのも特徴です。

大切なのは信頼

――プロジェクトを達成するための秘訣はなんだと思いますか?

はた:目標金額を達成するという意味では「信頼」が大事かなと思います。完成するかどうかも分からない作品に対して支援していただくって「信頼」がないとできないことだと思うので。支援しよう、と思ってもらえるかどうかは、相手に対して誠実であるかどうかとか日ごろの活動を通じた信頼の積み重ねかなと思います。

あとは、大変だけど時間や手間をかけて、あるいは足を使って、人に伝えることも大事。SNSを使えば不特定多数の人に簡単に告知できるけど、それでは人は動かない。人に会いに行って「こんな作品を作りたいんです」って一人ひとりに直接話して伝えるとか、そういったことをしてきました。お客様にもそうだし、制作に関わってくださる人に対しても。「こんな想いを込めた作品にしたいので、お願いします」ってしっかり自分の言葉で説明して、会えるときはしっかり会いに行って、伝えました。

以前、ネット上で開催された投票制のオーディションに参加したことがあって。でもみんなそういうのには慣れちゃっているので告知だけしていてもだめで。そこで、メッセージ機能を使って毎日100人に投票に参加してもらえるようお願いするメッセージを送りました。ネットって便利なツールですが、手間がかかってもそこまでやらないとだめだと思います。


2回目のプロジェクトとなる、はたゆりこ初アルバムリリース制作プロジェクトのUPDATE#75から、完成したアルバム「Grateful Days」。リターンのコレクターのSpecial thanksにお名前クレジットや、ひなたかほりさんによる盤面へのイラストも。

――最後に、今後実現したいことを教えてください。

はた:念願の初アルバムは、たくさんの応援のおかげで本当に良い作品になったと思っているので、ひとりでも多くの人に届けたいです。

CDよりもデジタルで音楽を聞く機会が増えていると思いますが、盤面を友達のイラストレーターひたなかほりちゃんに描いてもらうなど、CDのパッケージも含めてひとつの作品としてこだわり、大事にしました。ダウンロードじゃなくCDだからこそ良いと思ってもらえるものになっていると思います。

歌については、今後も前向きで温かい曲を歌っていきたいです。テーマは愛とか夢とか希望とか。初アルバムを作るために、作詞作曲も去年から本格的に始めたところです。

初アルバムはおかげさまでいい作品になったと思うので、これを今後もたくさんの人に届けるのが一番の目標です!

アーティスト情報

■はたゆりこ1st Album『Grateful Days』■
http://hatayuriko.thebase.in/items/3172618

■はた ゆりこ『ありがとうが溢れている』ミュージックビデオ■
https://www.youtube.com/watch?v=WDUt_ME0sgU

■twitter https://twitter.com/hatayuriko

■facebook https://www.facebook.com/hatayuriko.official/

■ブログ http://ameblo.jp/hatayuriko/


Apple touch icon 152x152

この記事を書いた人

MotionGallery編集部

MotionGallery編集部です。

https://twitter.com/motiongallery/


この記事を
シェアする!

Twitter

Line

Follow Us
Motion Galleryをフォローする

各種ソーシャルメディアでも、MotionGalleryの情報を配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!