facebook hatenabookmark line motiongallerymagazine next prev top twitter

TIPS - 2020.03.26

クラウドファンディングを通じた新型コロナウィルス(COVID-19)のサポートプログラムについて

未曾有の新型コロナウィルス(COVID-19)禍が世界中を覆っています。各業界、コロナによって様々な被害を被っていますが、特に煽りを受けたのはエンタメ・アート業界。クリエイティブな活動をサポートするべく、MOTIONGALLERYでは緊急支援プログラムを立ち上げました。

エンタメ・アート業界の現状

 2020年、突如として世界的なパンデミックを引き起こしたコロナウイルス。その余波によって、エンタメ・アート業界は大きな被害を受けています。特に、演劇や映画館などの「箱」モノは壊滅的な被害を受けており、存続すら危ぶまれる場所も生じてきています。

 それに付随して、俳優やスタッフなどの生活も困窮の兆しを見せております。西田敏行さんを理事長とする「日本俳優連合」は、3月5日に政府に対して、俳優たちの現状を訴えました。政府が発表した緊急対策には、コロナウイルスについての助成金が盛り込まれています。臨時休校の影響で仕事を休んだ場合に支払われる助成金は企業に雇われた保護者の場合は1日8,330円なのに対し、フリーランスの場合は1日4,100円となっており、コロナウイルスが今後も長引いた場合、ほとんどがフリーランスの俳優にとって致命的な問題となります。要望書は《どうか雇用・非雇用の別のないご対応で、文化と芸能界を支える俳優へご配慮下さいますよう要望いたします》という言葉で締められておりました。収入の安定しないフリーランスのクリエイターや俳優にとって、コロナウイルスは文字通り生活を脅かすものであります。そして、このような状況が長期化した場合、クリエイティブの衰退をも招くこととなります。

 弊社はクラウドファンディング業界の中でも、クリエイティブな活動をサポートし、一緒に歩んで来たプラットフォームです。我々の周りにはアーティストやクリエイティブな活動をされている方が多い為、新型コロナウイルスにより既にチケットを販売したものの、中止・延期をするという英断をされた方が赤字や負担などと向き合う姿を見て、また「日本俳優連合」の要望書を始めとした数々の訴えかけを目にして、何かできることはないかと痛切に感じておりました。

 クリエイティブな活動を殺さないために。コロナに負けない、クリエイティブの未来を支えるために。弊社では支援プログラムを立ち上げました。

新型コロナウィルス対策としてクラウドファンディングプラットフォームMOTIONGALLERYが提供するサポート

 上記のような状況を踏まえて、開催を予定されていたイベントの中止・延期を余儀なくされた主催者の方々を対象に、損失金を補填するためのクラウドファンディングをサービス手数料なし(決済手数料5%のみ)で実施いただける支援プログラムを実施しております。

 本プログラムが適用となったイベントは、目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができる「ALL-IN形式」が適用され、通常は国内最安値の10%の手数料となる所を、MOTIONGALLERY手数料が無料(5%→0%)となり決済手数料(5%)のみでクラウドファンディングの実施が可能となります。

 対象はイベントを主催した事業者様やクリエイターの方々に留まらず、店舗等の人が集まる場所自体の永続的運営もカバー致します。具体的には、自主的に休館を選択された映画館・美術館・劇場・イベントスペースの運営者の方々、休業を選択された飲食店の方々、もしくは営業に損害を受けた方々と幅広く対応させていただきます。

 イベントの中止に伴って代替開催される動きも今後出てくるかと思います。中止せざるを得ない事態に対してより一層クリエイティブに向き合い、オンラインイベントやオンラインライブ配信作品などに切り替え、インターネットの力でファンとやユーザーとの繋がりを保ち続ける様な動きも、弊社では後押しして行ければと思っております。

(1)対象プロジェクト

・新型コロナウイルスの影響で開催予定であったイベントが中止もしくは延期となり、会場費や運営費などの損失が発生したイベントの主催者及び関係者

・新型コロナウイルスの影響で自主的に休館・休業を選択された映画館・美術館・劇場・イベントスペース・飲食店・宿泊施設の運営者の方々

・新型コロナウイルスの影響で営業に損害を受けた飲食店・宿泊施設等の運営者の方々

など

(2)プログラム内容

・目標金額への到達の有無に関わらず集まった資金を受け取ることができるプロダクションファンディング(ALL-IN形式)を適用いたします。

申し込み期間は2020年4月30日までとなります。

・MOTIONGALLERYの手数料を無料とさせていただきます。決済手数料(5%)のみでのクラウドファンディング実施が可能となります。

(3)プログラム申し込み要件

・イベント及び興行の主催者及び関係者の場合

  • -主催するイベントが新型コロナウイルスの影響により中止・キャンセルとなり、会場費や運営費等の損失や新規費用が発生した。 

・休館を選択された映画館・美術館・劇場・イベントスペースの運営者の方々、休業を選択された飲食店や宿泊施設の方々の場合

  • -主催するイベントが新型コロナウイルスの影響により営業・興行を一時中断した。 
  • -営業・興行を一時中断したことで機会損失が発生した。

・新型コロナウイルスの影響で営業に損害を受けた飲食店・宿泊施設等の運営者の方々

(4)お申し込み方法

下記フォームからお申し込みください。お申し込みの際に「新型コロナウイルスに起因する中止・延期イベント支援プログラム」へのお申し込みである旨もご明記くださいませ。

https://motion-gallery.net/start_project

これまでに応募があったプロジェクト

本プログラムは、既に多くのプレゼンター様にご活用いただいております。これまでの事例を、下記の通り記載します。よろしければご一読いただき、コロナウイルスと戦うプレゼンターの皆様をサポートいただけますと幸いです。

※その他のプロジェクトについては、

https://motion-gallery.net/curators/prevent-infection

をご参照いただけますと幸いです。

※ラジオ番組を始めました!編集者の武田俊と演劇モデルの長井短が、日本最大級のクラウドファンディングサイト「MOTION GALLERY」のプロジェクトを紹介しながら、アートやカルチャーにまつわる話題を、ゲストとともに掘り下げていく番組です。下記の画像をクリックいただき、是非お聴きくださいませ。


この記事を書いた人

MotionGallery編集部

MotionGallery編集部です。

https://twitter.com/motiongallery/


この記事を
シェアする!

Twitter

Line

Follow Us
Motion Galleryをフォローする

各種ソーシャルメディアでも、MotionGalleryの情報を配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!