facebook hatenabookmark line motiongallerymagazine next prev top twitter

その他 - 2013.05.30

原宿VACANTにて行われた「これからの音楽へ」 クラブ・ペディア 東京Ver. について、TimeOutTokyoで記事になりました!

2013年5月29日に原宿VACANTにて行われた、クラブと風営法問題、クラブと音楽の未来について語るトークイベント、映画『SAVE THE CLUB NOON』presents「これからの音楽へ」 クラブ・ペディア 東京Ver. について、TimeOutTokyoで記事になりました!

2013年5月29日に原宿VACANTにて行われた、クラブと風営法問題、クラブと音楽の未来について語るトークイベント、映画『SAVE THE CLUB NOON』presents「これからの音楽へ」 クラブ・ペディア 東京Ver. について、TimeOutTokyoで記事になりました!

風営法問題について語るトーク・イベントが原宿VACANTにて開催
http://bit.ly/1494Cmt 

このイベントは、MotionGalleryでクラウドファンディング中の映画『SAVE THE CLUB NOON』主宰で、風営法を考える為に開かれ、司会はタイムアウト東京編集部のジェイムズ・ハットフィールド氏で進行しましたが、昨今の風営法への注目の高まりもあり満席で埋まる凄い熱気で包まれました!

是非その熱気を記事から感じて下さい!
 

第一部トークでは、金光正年が『NOON』の摘発の前後の大阪のクラブ、ライブハウスの摘発の状況変化、その後の大阪での遵法営業での再開後のビジネスの状況などについて語ったほか、斉藤貴弘が東京での状況や、Let's DANCE署名活動からサルサダンス、社交ダンスなどの団体が協力してくれた経緯、ダンス議連につながるロビー活動について紹介。その後、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美が同席し、玉椿、ツバキハウス、ミックスなどに連なる80年代からのクラブ体験、ディスコからクラブへの遊び場の推移について体験談を交えて語った。

その後第二部トークでは、『SAVE THE CLUB NOON』監督の宮本杜朗、映画企画者の佐伯慎亮が登場、2012年4月に風営法違反により大阪の老舗クラブ『NOON』が摘発されてから、大阪圏でのクラブ摘発の動きと空気、映画製作の状況、内容について紹介された。『NOON』摘発後の『SAVE THE NOON』イベントにはライブバンド、DJの両形態での営業を行っていた同店舗縁のアーティストを中心に、中納良恵(EGO-WRAPPIN')、ハナレグミ、いとうせいこう、ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、沖野修也 & 沖野好洋(Kyoto Jazz Massive)、サイトウ”JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、須永辰緒などが出演しており、風営法問題を考えると同時にその音楽とアーティストのメッセージを体験してほしいとの監督が紹介した。
(出展;TIMEOUTTOKYO)



Apple touch icon 152x152

この記事を書いた人

MotionGallery編集部

MotionGallery編集部です。

https://twitter.com/motiongallery/


この記事を
シェアする!

Twitter

Line

Follow Us
Motion Galleryをフォローする

各種ソーシャルメディアでも、MotionGalleryの情報を配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!