facebook hatenabookmark line motiongallerymagazine next prev top twitter

その他 - 2014.02.04

メディア掲載!文化通信に『祖谷物語‐おくのひと‐』蔦哲一朗監督インタビューが掲載!

映画・放送・音楽業界のニュースを長年配信され、厚い実績と信頼のあるメディア・文化通信にて、東京国際映画祭『スペシャル・メンション』受賞!映画「祖谷物語-おくのひと-」全国公開を成功させよう!プロジェクトについて、そして蔦哲一朗監督へのインタビュー記事が掲載されました!

映画・放送・音楽業界のニュースを長年配信され、厚い実績と信頼のあるメディア・文化通信にて、東京国際映画祭『スペシャル・メンション』受賞!映画「祖谷物語-おくのひと-」全国公開を成功させよう!プロジェクトについて、そして蔦哲一朗監督へのインタビュー記事が掲載されました!

映画の世界観、そして監督が映像に込めた想いなど、映画を深く理解する上でも必見のインタビューとなっております!

クリエイターズ★インタビュー:蔦哲一朗監督/『祖谷物語‐おくのひと‐』
完全35㎜フィルム撮影、169分の映像美と感動
“奇跡の自主製作”が次代の日本映画を切り開く!
http://www.bunkatsushin.com/varieties/article.aspx?id=2542
 

 あのスタジオジブリ作品を彷彿とさせるような実写による映像美、アクション女優、ダンサー、演技派俳優という異彩のキャストが脚本に惚れ込んで集結、そして、完全35㎜フィルムでの撮影、上映時間169分という自主製作の範囲を超えた“奇跡の自主製作映画”『祖谷物語―おくのひと―』が、2月15日(土)より新宿K's cinemaで公開される。
 前作『夢の島』(09年)も「映画らしさ」を追求したモノクロ16㎜フィルムによる作品だったが、このデジタル化の時代に敢えて反旗を翻すかのごとく、日本三大秘境の一つ、徳島県・祖谷を舞台に本作を作り上げた注目の若手、蔦哲一朗監督に製作意図や経緯、大自然の中での撮影の裏話、「映画」=フィルムに対する思いなどについて話を聞いた。若者たちはなぜ、無謀ともいえる映画製作に挑んだのか―!?

(出展:文化通信




Apple touch icon 152x152

この記事を書いた人

MotionGallery編集部

MotionGallery編集部です。

https://twitter.com/motiongallery/


この記事を
シェアする!

Twitter

Line

Follow Us
Motion Galleryをフォローする

各種ソーシャルメディアでも、MotionGalleryの情報を配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!