facebook hatenabookmark line motiongallerymagazine next prev top twitter

その他 - 2013.05.01

「ドキュメンタリー映画に描かれた、 世界的アートコレクターが初来日。」BRUTUSに、映画「ハーブ&ドロシー」のジャパンプレミアの模様を取材頂きました!

去る3月26日、新宿ピカデリーにて、映画『ハーブ&ドロシー』のジャパンプレミア試写会が盛大に行われました! 勿論、この試写会はコレクター特典の目玉でもあり、会場は多くのコレクターの方々で埋まり、大変な熱気でした!

去る3月26日、新宿ピカデリーにて、映画『ハーブ&ドロシー』のジャパンプレミア試写会が盛大に行われました!
勿論、この試写会はコレクター特典の目玉でもあり、会場は多くのコレクターの方々で埋まり、大変な熱気でした!

この当日の模様が、ライフスタイル誌BRUTUSに取り上げられました!

クラウドファンディングで話題の映画「ハーブ&ドロシー」の続編が封切りに。
http://xbrand.yahoo.co.jp/category/entertainment/10672/1.html

3月26日。佐々木芽生監督が押す車椅子で、ジャパンプレミア試写会の会場である新宿ピカデリーに現れたドロシー・ヴォーゲルさん。彼女が映画『ハーブ&ドロシー』の主人公で、美術史に重要な1ページを築き上げた世界的なアートコレクター。「昨日も一昨日もぐっすり寝られなくて……」と、喜びと興奮が入り混じって落ち着かない心境のなか、ファンで満員の壇上に立ち「みなさんにお会いできて本当にうれしい、人生で一番の出来事です」と涙を流した。
(出展:BRUTUS)

また、佐々木監督へのインタビューの中では、MotionGalleryでのクラウドファンディングを通じて感じられた思いも語られております。

この作品で特徴的なのはインターネットを利用したクラウドファンディングで、宣伝・配給費などを募ったこと。77歳の高齢にして初めての来日は、映画を支援する915人の熱意(日本最高額の約1,460万円!)により実現したものなのである。

「アメリカではこのような仕組みでインディペンデント映画を撮ること自体、特別なことではありません。映画では3,000万円を超えた前例もいくつかありますし、映画以外では過去に寄付金が1億を超えるプロジェクトもありました。もともと目標金額を達成することだけに意味があるとは思っていませんでしたが、結果、このように多くの方に支援していただけたことに本当に感謝しています」
(出展:BRUTUS)




Apple touch icon 152x152

この記事を書いた人

MotionGallery編集部

MotionGallery編集部です。

https://twitter.com/motiongallery/


この記事を
シェアする!

Twitter

Line

Follow Us
Motion Galleryをフォローする

各種ソーシャルメディアでも、MotionGalleryの情報を配信中。今すぐフォローして最新情報をチェックしよう!