Picture?type=large

1984年5月生まれ。卸売業をメインとした京都の老舗青果店、西喜(にしき)商店の四代目。
立命館大学卒業後、㈱セガに入社。6年間営業職を担当。その後、都内で跡継ぎ息子が実家の野菜を販売するマーケットに参画したことが契機となり、その運営をしていた㈱地元カンパニーに入社。市町村別に作られた産地直送のカタログギフト、「地元のギフト」事業の全国展開を担当。営業のみにとどまらず多岐に渡る業務をこなし、最後には自身の地元である、「京都府のギフト」を完成させ、満を持して京都にUターン。
現在はリノベした京町家に住みながら、先代の父親にノウハウ指導を仰ぎつつ、西喜商店の事業拡大に取り組む。