M.M.S.T

「現代における演劇の確立」をコンセプトに1998年東京にて活動を開始。
代表・百瀬友秀(演出家)。
舞台作品のみならず、サウンド・パフォーマンスや映像インスタレーションにおいても意欲的に作品を発表。舞台に立つ身体の特権性を常に問い返しながら、独自の身体感覚で現代から古典まで様々なテキストに取り組んでいる。