JunJun

3.11をきっかけに、六本木ヒルズの森美術館を通じて2人の美術ディレクターと出会い、そこから生まれたのが、「桜3.11プロジェクト」。自分の目で被災地から感じたこと、その土地の過去の歴史から知ったことを未来に紡いでいくために、3.11の津波到達地点へ桜の植樹を続け、桜で日本地図の上に“セーフティライン”を描きたい!震災から一年が経過する2012年3月2日に、自費で宮城県七ヶ浜で一本目の植樹が実現できました。これからも継続して活動するために応援してください。