Picture?type=large

 はじめまして。私は、かつて橋の技術誌版元であった、歴史のある科学書刊という出版社のオブザーバーを、勤めていたものです。本州四国連絡橋建設は、その使命を終えて、科学書刊は、幻の出版社になっていましたが埼玉分室が新しい拠点になっています。現在、皆さまにお伝えしたいことがありまして、一筆啓上を申し上げます。
 何かありましたら、i.am.ryunoibuki@gmail.comにて、お問い合わせ下さい。縁もたけなわと思い、繋がりある未来とこころへの架け橋ができましたら、幸いです。どうぞ、こぞってのご依頼もこころよくお待ち申し上げます。随時、感謝をこめたメッセージレポートより連絡を予定しています。