facebook twitter mail key notification checkmark chevron chevron-left location image user group plus comment bubble

文芸誌『三田文學』による名作選刊行プロジェクトをクラウドファンディングで実現!

創刊111年記念!
文芸誌『三田文學』による名作選(増補版)刊行プロジェクト

『三田文学名作選』に、新たに加藤典洋、岩松研吉郎、三浦朱門、室井光広、車谷長吉、津島佑子、髙橋昌男、立松和平、坂上弘、秋山駿、浅利慶太、大久保房男、長谷川郁夫等の各作品を追加収録した増補版の刊行を目指します。

コレクター
0
現在までに集まった金額
0
残り日数
98
目標金額 700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年4月25日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトを応援

目標金額 700,000 円
このプロジェクトでは、目標達成に関わらず、
2022年4月25日23:59までに集まった金額がファンディングされます。

Presenter
三田文學 編集部 プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

「三田文学」は1910(明治43)年、永井荷風が編集主幹となって創刊されました。 ▼以後、森鷗外、谷崎潤一郎、芥川龍之介らの既成の作家に発表の場を提供し、 一方で久保田万太郎、佐藤春夫、石坂洋次郎といった新人を世に送り出してきました。 また、プロレタリア文学が全盛のころ、西脇順三郎が「三田文学」に拠ってシュルレアリスム運動を先導し、三田派は耽美派の牙城として知られていました。 ▼戦後は原民喜、加藤道夫、柴田錬三郎、山川方夫、山本健吉、松本清張、遠藤周作、江藤淳など、慶應義塾出身者に限らず数多くの逸材を輩出してきました。

コレクターになってプロジェクトを応援しよう 最初のコレクターになる

リターンを選ぶ

  • 3000

    御礼メール

    • 御礼メール
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 10000

    『三田文学名作選』(増補版)

    • 御礼メール
    • 『三田文学名作選』(増補版)のご送付
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 15000

    『三田文學』バックナンバー

    • 御礼メール
    • 『三田文学名作選』(増補版)のご送付
    • 『三田文學』バックナンバー4冊(号数お任せ)
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 20000

    『三田文學』バックナンバー、グッズ

    • 御礼メール
    • 『三田文学名作選』(増補版)のご送付
    • 『三田文學』バックナンバー10冊(号数お任せ)
    • オリジナルグッズ3点
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 40000

    三田文学会会員特典1年分

    • 御礼メール
    • 『三田文学名作選』(増補版)のご送付
    • 『三田文學』バックナンバー10冊(号数お任せ)
    • オリジナルグッズ3点
    • 三田文学会会員特典1年分
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 80000

    三田文学会会員特典5年分

    • 御礼メール
    • 『三田文学名作選』(増補版)のご送付
    • 『三田文學』バックナンバー10冊(号数お任せ)
    • オリジナルグッズ3点
    • 三田文学会会員特典5年分
    • 2022年05月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。