映画誌『Gigan Magazine』の世界展開をクラウドファンディングで実現!

「映画雑誌をリ・デザイン!!」日本映画を海外に発信するGigan Magazineの販路拡大にご協力をお願いします。

  • 東京都

Gigan Magazineの目的は「海外で新しく日本映画に触れるきっかけ」を作っていくことです。今回、最新号4号目の世界中への販路拡大を目指して500部から2000部へ部数拡大をしたいです。

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2015年1月15日23:59に終了しました。

コレクター
4
現在までに集まった金額
28,000
残り日数
0

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2015年1月15日23:59に終了しました。

Middle?1416920868

Presenter
Gigan Team プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1416920868

PRESENTER
Gigan Team

 2013年の10月に5人のチームでロンドンで出版を開始。雑誌の目標は、「日本映画の海外のオーディエンスを開拓すること。」  1号目は緒方貴臣監督や東京芸術大学大学院映画学科の卒業制作等を中心に取り上げ、主にロンドンのみで配給。その後2号目の出版ととも東京での配給を初め、有楽町阪急メンズ館モノクルカフェを中心に配給を行う。これまで、日本・海外で活動する日本のインディペンデント監督・世界中のセールス・配給会社等への取材や国際映画祭への参加を行いながら自分たちの行うべき雑誌を模索・実験し、4号目から本格的に世界中に販路を拡大していく。雑誌の信念は、「映画雑誌をリデザインすること。」

デザインの模索

vol. 3 2014-12-04 0

 こんばんわ。

 今回も引き続き「いかに日本映画に興味の持っていない人に興味を持ってもらうか」その模索について書きたいと思います。キーワードは「デザイン」です。

 普段もし本屋さんに行って雑誌を見ることがあった場合、どの雑誌を選ぶことがありますか?自分がいつも読んでいる雑誌、表紙が面白そうな雑誌、基準は多くあると思いますが多くの雑誌の中から「その一冊」を選んでもらうことはとても難しいことです。そして大切なことは、まず手に取ってもらわないと「いかにコンテンツが良くても」読まれないという結果になってしまいます。

 この点について、デザインチームと長い間話し合ってきました。「どのような雑誌が手にとられるのか?」頻繁に本屋に通い、自分たちがどうして「その雑誌」を手に取っているのか問い続けました。また一旦机に広げてみて、どのような雑誌が一番魅力的か分析しました。その時にふっと思ったことがあります。それは、「どの雑誌の表紙もたいして変わらないということです。」表紙にその雑誌で特集するであろう人が載っています。それは同時にある重要なことに気づかせてくれました。雑誌はブランドで買われているのかもしれないと。

 Giganがブランド雑誌に勝つためには、今の雑誌の体裁・デザインにリスクをとって挑戦していくことが必要だと感じました。逆説的に言うと、ブランドを知らなければ、正直どのジャンルの雑誌も同じです。そうであれば、自分たちの立ち位置を押し上げていくために、革新的なデザインが必要なのだと。それはコンテンツの「日本映画」という従来の黒澤明監督や小津安二郎監督のなど「伝統」などの格式高いイメージを「革新」させることにもつながっていきます。

思い描く映像はこのような感じです。

 本屋さんの雑誌コーナーで一目みて、「これは何の雑誌かな....」とデザインで驚嘆させ、中身を読んでみると「日本映画の雑誌だ!でも日本映画の監督や映画を取り扱っている普通の映画雑誌ではない。ファッションやライフスタイルとも関連している雑誌だ....!」

そして最後に「面白い!」と言われたいのです笑。

 具体的にどのような表紙にしているかは実際に写真を見ていただけるとわかります。Giganのロゴとコピーのみを配置しています。また中身も、デザインチームの哲学に従い、究極のシンプルさを目指しています。雑誌はいろいろなジャンルのものが一つにキューレーションされたメディアですが、それをシンプルなデザインでさらにキューレーションしていきたい。そのような思いが込められています。実際にこれまで雑誌を手に取った方々の中には一緒に雑誌と写真を撮った方がいらっしゃいました。また今まで雑誌でインタビューして来た方は、どの方もとても掲載されたことを嬉しく思っています。

 良い雜誌は良いコンテンツと良いデザインでできています。しかしこの「良い」を探るためには、多くの時間と話し合いが必要ですし、これからもその「良い」を追求していくことが大切なことだと思っています。そして「シンプル。」これも追求していかないと何が「シンプル」なのか迷走してしまいます。

 4号目はイラストレーションも含め、デザインチームと話し合ってきた一つの答え・哲学を体現したものであるので是非手にとって頂ければと思います。

よろしくお願いします。

清野

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    4号目+トートバック

    • コレクター限定アップデート
    • 4号目の雑誌1部
    • トートバック
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り49枚

    3000

    2号目+4号目

    • コレクター限定アップデート
    • 2号目の雑誌1部
    • 4号目の雑誌1部
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 3000

    3号目+4号目

    • コレクター限定アップデート
    • 3号目の雑誌1部(日本語訳付き)
    • 4号目の雑誌1部
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 5000

    2号目+3号目+4号目+トートバック

    • コレクター限定アップデート
    • 2号目の雑誌1部
    • 3号目の雑誌1部(日本語訳付き)
    • 4号目の雑誌1部
    • トートバック
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 10000

    Giganスペシャル

    • コレクター限定アップデート
    • 雑誌にお名前を入れる(4号目)
    • 2号目の雑誌1部
    • 3号目の雑誌1部(日本語訳付き)
    • 4号目の雑誌3部
    • トートバック
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。