映画誌『Gigan Magazine』の世界展開をクラウドファンディングで実現!

「映画雑誌をリ・デザイン!!」日本映画を海外に発信するGigan Magazineの販路拡大にご協力をお願いします。

Gigan Magazineの目的は「海外で新しく日本映画に触れるきっかけ」を作っていくことです。今回、最新号4号目の世界中への販路拡大を目指して500部から2000部へ部数拡大をしたいです。

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2015年1月15日23:59に終了しました。

コレクター
4
現在までに集まった金額
28,000
残り日数
0

NOT FUNDED

このプロジェクトは、2015年1月15日23:59に終了しました。

Middle?1416920868

Presenter
Gigan Team プロフィールを表示

プロジェクトをブログやサイトで紹介

テキストエリアのコードをあなたのブログやサイトのHTMLに張り付けると、右にあるようなプロジェクトウィジェットが表示されます。

Middle?1416920868

PRESENTER
Gigan Team

 2013年の10月に5人のチームでロンドンで出版を開始。雑誌の目標は、「日本映画の海外のオーディエンスを開拓すること。」  1号目は緒方貴臣監督や東京芸術大学大学院映画学科の卒業制作等を中心に取り上げ、主にロンドンのみで配給。その後2号目の出版ととも東京での配給を初め、有楽町阪急メンズ館モノクルカフェを中心に配給を行う。これまで、日本・海外で活動する日本のインディペンデント監督・世界中のセールス・配給会社等への取材や国際映画祭への参加を行いながら自分たちの行うべき雑誌を模索・実験し、4号目から本格的に世界中に販路を拡大していく。雑誌の信念は、「映画雑誌をリデザインすること。」

日本映画の雑誌を始めた理由

vol. 1 2014-12-01 0

 今回始めて投稿します。

 テーマは「日本映画の雑誌を始めた理由です」

 それはとてもパーソナルで理由であり、とても高い情熱から生まれています。「自分が良いと思う映画を世界中に広めて行きたい。」特に2本の作品が僕を動かしました。

 1本目はポール・ヤング監督の「真夜中の羊」です。4年ほど前にユーロスペースで見て以来、この映画の素晴らしさを伝えたいと思い、当時友人たちと批評をかいてウェブにアップしていました。また、必ずこの映画はこれからの日本映画の一つとなりうるものだと確信していました。しかし、国内での興行はおろか、海外での映画祭への出品もほとんどないまま知られることなく過ぎ去ってしまいました。この現状をとても悔しく思いました。これはなんとかしないといけないと強く思いました。

 2本目は、「ももいろそらを」です。この映画は東京国際映画祭へ出品され、その後世界30カ国以上の映画際で上映されることになりました。これはとても嬉しいことです。しかし僕がこの際に懸念したことは、ビジネスとしての「日本映画」です。

 日本映画は映画祭ではとても強いコンテンツであると思います。大きな映画祭でセレクションに入ることも多く、なによりストーリーなど映画が持つユニークさが他の国籍の映画には見られない大きな特徴です。しかしふと疑問に思ったのが、日本映画の文化的な活況とビジネス面が比例していない点です。このギャップに強い興味があり、これを埋めていくことが今後の課題なのではないかと思いました。

 もしかしたら反論する方もいるかもしれませんが、僕は「文化面の発展はビジネス面の発展」があってこそ活性化していくものだと思っています。現在、日本映画は国際的に文化面で優位に立っているのはやはり、黒澤明監督や小津安二郎監督などの素晴らしい監督たちの成果ではないでしょうか。現代に生きる僕達は、まだそこから脱皮できていないように思います。

 それでは多くの外国人に日本映画に興味を持ってもらうためにはどうすればよいか?日本映画の新しさを発信していくためにはどうすればよいか。

 僕達は、雑誌を始める上で大きな目標を作りました。それは「日本映画に全然興味を持っていない人に向けて、その素晴らしさを発信していくこと」です。その人たちを日本映画に巻き込み、新しいオーディエンスを作っていくことで、海外の配給会社もそのムーブメントに気づき、それが日本のセールス会社が売買する時に大きな力になると思いました。売買から始まるのではなく、もっとも大事なオーディエンスの開拓から始まる逆転の発想です。

 そのために「雑誌」というメディアを選択したのは、雑誌は「次の世代を作る強いメッセージを発信するからです」これまでも雑誌は時代を作ってきました。これはウェブにはない大きなアドバンテージだと思っています。「僕達はこれが良いと思っている!」と自信をもって発信していくことが大事だと思っています。その思い切りの良さが雑誌であり、新しいムーブメントを作るきっかけになります。

 それでは、「まったく日本映画に興味のない人に関心をもってもらえるには、どのようなコンテンツが良いのか」1年間模索してきたことを次回のブログで書きたいと思います。

清野

アップデート一覧に戻る

リターンを選ぶ

  • 3000

    4号目+トートバック

    • コレクター限定アップデート
    • 4号目の雑誌1部
    • トートバック
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 残り49枚

    3000

    2号目+4号目

    • コレクター限定アップデート
    • 2号目の雑誌1部
    • 4号目の雑誌1部
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 3000

    3号目+4号目

    • コレクター限定アップデート
    • 3号目の雑誌1部(日本語訳付き)
    • 4号目の雑誌1部
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 0人が応援しています。
  • 5000

    2号目+3号目+4号目+トートバック

    • コレクター限定アップデート
    • 2号目の雑誌1部
    • 3号目の雑誌1部(日本語訳付き)
    • 4号目の雑誌1部
    • トートバック
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 1人が応援しています。
  • 10000

    Giganスペシャル

    • コレクター限定アップデート
    • 雑誌にお名前を入れる(4号目)
    • 2号目の雑誌1部
    • 3号目の雑誌1部(日本語訳付き)
    • 4号目の雑誌3部
    • トートバック
    • 2015年04月 にお届け予定です。
    • 2人が応援しています。